DSC01613

9/9にディスクが壊れてPCが起動できなくなり、大変なことに。。。Bassoonableのライブ映像の編集をしようとした矢先の出来事でした。そもそもWindows2000をアップグレードしてWinXPとして使っていたPCだったので、リカバリも大変だし、この際、新しいPCを買うことにしました。

我が家は、音声や映像の編集が多いので、この際、CPUとメモリは投資しておきましょうということで、以下のようなスペックで購入しました。

Dell Inspiron 530s

  • CPU: Intel Core 2 Duo プロセッサー E8500 (6MB L2キャッシュ、3.16GHz、1333MHz FSB)
  • メモリ: 4GB(1GB x4) デュアルチャネル DDR2-SDRAM (XPだと3GBまでしか使えないけど。。。)
  • ハードディスク: 500GB SATA 3.0Gb/s NCQ HDD
  • OS:Windows Vista Business SP1 32ビット 正規版 ダウングレード(Windows XP SP2 Professional 日本語版) — とりあえずXPでないと手持ちのソフトが動かないと困るので、ダウングレードが選択できることが重要でした。。。
  • 光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
  • モニタ: デル E228WFP 22インチワイド TFT液晶モニタ (ブラック)  (1680 x 1050)HDCP対応

これに加えてスピーカーにBOSE M2を買いました。ビデオカードは検討中。 (10/11追記:RH3450-LE512HD/HSを買いました。ATI Radeon HD3450/512MB/HDCPサポート、PCI Express2.0×16、Support:RGBx1、DVIx1(DualLinkDVI)、HDMI、TV-Out(HDTV)。※DVI接続でBlu-ray Discや地デジを再生するにはHDCP対応のビデオカードとモニターが必要)

筐体内を開けてみて最近のPCは全然違うと思いました。I/Fの違いなどで壊れたPC側から、流用できるものはほとんどありません。

マシン性能が良くなったので、作業はとても快適になりました。

残念なのは、データの大半は救出できたものの、ここで書いた せっかく読み込んだDATテープのデータの大半が、復旧できなかったパーティションに置いてあったので、失われたことです。(元テープはまだ捨ててなかったので、また再読込できるのが救い)

いんちょーに頼んだBassoonableライブの編集映像を見ながら、バックアップ装置はどうしようか、と考えるのでした。。。。

このエントリーを含むはてなブックマーク Share on Tumblr Googleブックマークに追加 Digg This このエントリをつぶやく