SAVE0388.jpg
 

三鷹芸術文化センター・風のホールにSuper Cello Ensemble Tokyoを聴きに行きました。

<< 曲目 >>
バーンスタイン ”トゥナイト”
カザルス ”東方の三賢人”
ヴィラ=ロボス ”ブラジル風バッハ 第5番”  Sop: 菅 英三子
ソッリマ ”ヴィオロンセル・ヴィヴレ!~2つのチェロと弦楽のためのバラード(チェロ8挺版)”
ブラームス ”6つのピアノ小品 Op.118-2 A-Durより <インテルメッツォ>アンダンテ・テネラメンテ”
フランセ ”オーバード(朝の歌)”

アンコールはクレンゲルの賛歌でした。

とても楽しめました。演奏が素晴らしいこともさることながら、選曲、演出とも凝っていて、Bassoonableライブにも参考にしようと思いました。ソッリマとか演ってみたいなーと思いました。。会場は満席でした。

開場を待っていたら、知人に遭遇。最近はチェロに凝っていらっしゃるようでしたが、再びバスーンも復活されるかもしれません。。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Share on Tumblr Googleブックマークに追加 Digg This このエントリをつぶやく