我が家の関係する演奏会で、2006年6月1日に新装オープンした杉並公会堂に行ってきました。


DSC00562.jpg
 

公会堂という名前は変わらないものの、中味はすっかり立派になりました。

思った以上にホールが狭かったのと、ロビーがほとんど無い(というより、両袖の通路くらい)のには驚きました。ホールの中も2階席から、予想以上に近いところにステージがある、という印象でした。
ホール自体はとても綺麗で、昔の公会堂とは比べ物になりません。(当たり前か。。)


DSC00566.jpg
 (開演前のステージとホール内をパチリ)

曲目がマーラーの交響曲第5番でしたので、ちょっと編成が大きすぎたということもあるかもしれませんが、残響がほとんどない状態でした。各楽器の音がブレンドされず、個々に生のまま届く感じでした(特にヴァイオリン)。オケの力量にもよるでしょうから、他の演奏も聴いてみたいところです。
後から聞いた話では、舞台袖もかなり狭かったとか(両袖で普通の通路くらい)。
演奏会が終わって知り合いと楽屋に行こうとしたのですが、ロビーが狭い影響で、大混雑してました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Share on Tumblr Googleブックマークに追加 Digg This このエントリをつぶやく