トリフォニーにて、新日本交響楽団第76回定期演奏会を聴きました。(荷物持ち兼任なんですけど。。。)
DSC00119.JPG
開演前のステージの様子。


チャイコのロメ・ジュリと悲愴、ラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌでした。全体的には健闘している感じでしたが、Bsnパートに関しては(どうしてもそこに耳がいってしまう。。。)、活躍する曲ばかりの割りには、パートの出来はあまり良く無かったように思います。
次回は近日新装オープンの杉並公会堂で、マーラーの5番と、モーツァルトのハフナーとのことです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Share on Tumblr Googleブックマークに追加 Digg This このエントリをつぶやく