ボーカルを修理に出すことにしました。
DSC00027.jpg
しばしのお別れです。


常に使っているHeckel CC-1(pre-war)ですが、メンテナンスが必要と思い、修理に出すことにしました。
手元にもう1本pre-warがあるので、こちらでしばらくがんばります。
続いて楽器本体も調整・修理をお願いすることになっています。
楽器本体の問題点はキーの磨耗、腐食です。購入後8年経っていますが、購入当初はオーバーホール済みだったので、メッキもきれいでしたが、だいぶひどいことになってきていて、そろそろ抜本的に修理しないとまずいと思い、本番スケジュールも調整してきました。現状はこんな感じです。
http://www.takabon-bsn.com/temp/index.htm
それと、某Manfre師匠のブログを拝見したところ、なんと、同様にボーカルを修理に出されているようですね。しかも、同じところに。。。。。。

このエントリーを含むはてなブックマーク Share on Tumblr Googleブックマークに追加 Digg This このエントリをつぶやく