使用しているリード糸について。
糸ですが、ここ2年位は以下の手芸糸を使っています。
ハマナカ/手芸糸 ami ami cotton (ギマ)44m (クリックで拡大)
DSC00879.JPG
1巻44mから65本分作れます。つまり、一本あたり約67cmです。
通常、楽器店などで売っている糸ではもっと長く巻いていると思います。
67cmだと、実際にリードに巻かれるのはたった60cm程度になりますね。
太めでかなり短いので、最初は巻くのが大変でしたが、慣れると巻く長さが
短いので効率的です。色は5色(写真の4色とピンクがある)
使用感としては、音質がとてもよいと思います。
日輪/握り糸 つり用 中物 (クリックで拡大)
DSC00884.JPG
こちらは、まだあまり使っていません。


2002年夏に急逝された田中雅仁先生が、カナダ・バンフに行かれる直前に、ご自宅にてリードについていろいろ教わった内容の一部です。
リード糸としては、以下の3種類を使用。
 1.日輪/握り糸 つり用 中物 
 2.BARUMS/ダルマ鴨川糸 中物、細物 つり具用 YOKOTA CO.LTD
 3.ハマナカ/手芸糸 ami ami cotton (ギマ)44m (参考:280円/巻)
ハマナカのものが一番よいとのことでした。私が使ってみた感想としても、
音質がとてもよいと思います。
また、硬いケーンでは糸を少なく、柔らかいケーンでは糸を多く巻くように、とのことでした。
なお、ハマナカについては、残念ながら最新カタログでは既に削除されていますので、
興味のある方は地道に探してみてください。
私個人は5年分位の在庫を買い込んであるので、当面は安心してます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Share on Tumblr Googleブックマークに追加 Digg This このエントリをつぶやく