2008.3.1追記: 写真を撮り直し、内容修正しました。

使用楽器
Heckel #7184/0 (1931年製)
小さい頃から中学くらいまではピアノやってました。高校の頃はフルート吹いてました。大学からバスーンを始め、最初はアドラーを2年間、吹いてました。その後、シュライバー、モーレンハウエルと買い替え、現在の楽器は1997年4月に購入。バスーン歴は早いもので25年になってしまいました。

ボーカル
HeckelのCC-1(prewar)とCC-2(prewar)を使用してます。どちらもKenmochiBassoonWorksにてフルリストア済。

prewar-cc1-2-bocal.jpg
7184-CC1-prewar.jpg
7184-CC2-prewar.jpg

リード
自作です。年間製作本数は300本前後です。プッペまでの製作は冬を中心にいつでもやってます。材料はBonazza, Pisoni, M.Ghys, DanziOvidio,Rigotti, Glotin, Rieger, Vandorenあたりから、よさそうなのを選んで使ってます。シェーパーはリーガーのNo.2と、FoxのNo.2を使用。

最近の活動
BASSOONABLE
新宿オペラ
エキストラいろいろ

会員
IDRS(国際ダブルリード協会)
JBS(日本ファゴット(バスーン)協会)

以前は、日本バソンの会も会員でした。

会員証を見たい人はここをクリック

このエントリーを含むはてなブックマーク Share on Tumblr Googleブックマークに追加 Digg This このエントリをつぶやく