プリ・ウォー・ボーカルの見分け方
プリ・ウォー(注1)のボーカルが最高だ、と盲目的に信じている人が多くいます。
市場価格も現在の新品より高い場合が多いです。

もしも、あなたが、幸運にも「プリ・ウォー・ボーカル」を発見し、購入しようというときに、
そのボーカルが第二次世界大戦前のものであることを確かめましょう。
プリ・ウォーとは決して湾岸戦争前を指しているわけではありません。

以下は、ハンス・メーニッヒ(注2)の提案していた、プリ・ウォー・ボーカルの見分け方を
弟子のアルビン・スイニー(注3)が文書化したものです。

このページは解からない人にはさっぱり解からないと思うので、注釈をつけました。


プリ・ウォー・ボーカルの見分け方



























































  見分け方 備考
1 重さ。プリ・ウォー・ボーカルは、戦後のものより太く肉厚で、合金の密度も高く、戦後のものより0.5~1.0
oz重い。(14~30g)
2 ヘッケル・ロゴは、プリ・ウォー・ボーカルでは、管へ平行に刻印されています。
(現在のボーカルでは管に対してらせん状に書かれている)
3 メッキは、普通に使い古された状態か、または、斑です。
新しく見える古いボーカルの場合、きずや窪み修理の後を隠すために、しばしば再メッキされていることが多い。
古いボーカルの場合、ボーカル内部からの腐食で、メッキ表面にポツポツと黒ずんだ点があることが多い
4 長さ番号は、プリ・ウォー・ボーカルでは、(戦後のものより)もっと楽器への差込口に近いほうに刻印されている。
5 王冠マークは、ヘッケルの文字の前後に刻印されている
例 XヘッケルX
6 CC印は、大概、ヘッケルの文字とは逆方向に書かれている。
例、ヘッケル)) あるいは )ヘッケル
7 ボーカル・ニップル(ウイスパー・キーで開閉する穴):
4000番代から5000番代早期のボーカル・ニップルの形は平らで、高さも高くありません。ウイスパー・キーは、この頃、まだ一般的ではなかった。
いわゆるオールドヘッケルを現代で使う(または使っている)場合、ウイスパーキーとHigh-Dキーを後付けしてあるものがほとんどです。
8 5000番代以降では、ボーカル・ニップルの形は、マッシュルーム形状になりました
9 ボーカル・ニップルは、6200番代以降、高さが高くなり、時計回りに5度の角度を持って取り付けられている。
10 ヘッケル・ロゴは、現在のようなカーブした部分ではなく、リード取り付け部から、3インチ位の位置に刻印されている。

一般的な古いボーカル購入時の注意点



























































注意点 備考
1 ボーカルの割れ、ひびのチェック。ボーカルを水につけて、穴の部分を塞ぎ、息を通してみる。割れ、ひびがあれば、空気の泡が漏れてきます。
2 ボーカル・ニップルの継ぎ目の漏れ。1と同様に、水中でのチェックで漏れを見つけられます。
3 ボーカルティップ(リードを取り付ける先端部)の割れ目。ボーカルは一枚の板をたたいて丸めて、継ぎ目をハンダづけされていて、大概の割れは、ハンダの継ぎ目が唾液の酸によって侵食されて引き起こされる。
4 ボーカルティップの磨耗は、リードとの摩擦で引き起こされる
5 管にへこみ、くぼみがないこと。音程、イントネーションの悪化につながります。
6 管の丸みのチェック。もし、平らにつぶれて(もしくはへこんで)いる場合、音程、イントネーションの悪化につながります。
7 正しい演奏ポジションを取れるかどうか、ボーカルの角度をチェックします。角度が合わないボーカルを曲げて使う人がいますが、これは、ボーカルの割れにつながります。
8 ボーカルの楽器への差込部分には、金属のリングがついています。もしリングがない、もしくは、一様でなければ、そのボーカルは削られたか、短くされた可能性があります。 オケの標準ピッチがあがるにつれ、ピッチをあわせようとして、短く切られたボーカルが結構あります
9 ボーカルの継ぎ修正。古いボーカルには、割れ、ひびを直したものも多いのですが、広い面積のやわらかい継ぎ板はとてもよくありません。重いつぎ布は、ボーカルのレゾナンスを損なうでしょう。(メーニッヒ氏は、銀のハンダの針金つぎを推奨していた)
10 ボーカルに刻印されている長さ番号だけで判断しないこと。多くの古いボーカルは真中のEとFのピッチを上げるために、短く切られています。
常用しているボーカルと、買おうとしている古いボーカルをリード用の真鍮のワイヤー等を使って長さを計ることをお勧めします。

注釈
























用語 説明
1 プリ・ウォー・ボーカル おおむね、4000から9000番代のヘッケルについていたボーカルで、現在のボーカルでいうと、BBとCCの中間のボアを持っていたと言われています。このボーカルが最高だと思っている人が多くいます。
2 ハンス・メーニッヒ 著名な木管楽器リペア職人で、フィラデルフィア管弦楽団のメンバーとの協力で、トーンホールにアンダーカットを施し、楽器のチューニングの技術を確立した。

ハンス・メーニッヒは、第二次世界大戦前のヘッケルのボーカルを、新品または新品同様の状態で、12本所有していました。

それは、ヘッケル・バスーン4000番代~9000番代までのそれぞれのヴィンテージから2本ずつの実物を持っていました。(各1000番代毎に2本ずつ)

彼は、彼の店で修理されていたヘッケル・バスーンをテストするために、しばしばこれらのボーカルを使っていました。
3 アルビン・スイニー ハンス・メーニッヒの弟子。
師匠であるメーニッヒの死により、上記のボーカルコレクションを受け継ぎました。
これらの本物のプリ・ウォー・ボーカルが手元にあることで、その特徴や、真贋評価を確実に出来ます。
私の修理経歴で、「プリ・ウォー・ボーカル」の多くのバリエーションを見て、プリ・ウォーと言われているボーカルの多くが、実際は第二次世界大戦後のものであることが判りました。
また、金属製品ですから、多くの修正・リペアが、60から90歳に及ぶボーカルで
起こったかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Share on Tumblr Googleブックマークに追加 Digg This このエントリをつぶやく